幼児が鼻血を出した時はどう対処すればいいの?

こんにちは!日々くんです(^o^)

大人が鼻血を出した時は
対処の仕方がわかるけど
子供はデリケートだから
どうやって対処すればいいの?

スポンサードリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク

これはやってはいけない!

まず先に、案外色々な人がやっている
鼻血の対処法ですが、
本当はやってはいけない物
というのがあるのでご紹介します。

鼻にティッシュを詰める

これは意外だった方が
多いのではないでしょうか?

鼻にティッシュをつめて、
血液を吸収させて早く止める。

そもそも、ティッシュを詰めないと
鼻血が垂れてくるでしょっと
思うとは思うんですが、
それでも鼻にティッシュを詰めるのは
あまり良くないんですよね。

なぜかと言うと、
ティッシュを入れる時はいいですが
抜くときに鼻の粘膜を
傷つけてしまう可能性があるんです。

せっかく止まったと思ったら
抜くときに傷つけることによって
また鼻にティッシュを入れないといけない。

なかなか鼻血が止まらないという方は
これが原因かもしれませんよ。

鼻にティッシュを入れるのはやめましょう。

上を向いて、首の後ろをトントンする

これに関してはですね、
そもそも意味がないんです(笑)

というかむしろ体調が悪くなります。

上を向けば、鼻血が喉に入って
気持ち悪くなってしまいますし。

トントンに関してはほんと
ただトントンしてるだけです(笑)

逆に首の後ろのトントンって
何の効果がありますか?

鼻に繋がってるわけでもないですし
鼻血を吸収するわけでもないですし・・

ただ上を向くだけのほうが
納得ができますね!www

ということで、上を向いて首の後ろをトントンは
全然意味がないのでやめましょう。

正しい鼻血の対処法

っということで、ここまで
鼻血の正しくない対処法について
説明してきたので

ここからは、鼻血の正しい対処法を
説明していきます。

  1. まず、イスに座らせます。
  2. 鼻などを冷たいタオルで冷やします。

これだけです。

もちろん上は向かずに普通にしていましょう。
じゃあ鼻血が垂れてくるじゃないっと思うでしょう。

その際はティッシュを詰めるのではなく
あくまで優しくティッシュで鼻を
押さえておきましょう。

ちょっとめんどくさいかもしれませんが、
これが正しい鼻血の対処法です。

スポンサードリンク

まとめ

鼻血の対処法が今までと真逆になった方も
多いのではないでしょうか?

間違った対処法で
例え鼻血が止まったとしても
具合悪くなるのではなく、
正しい対処法で快適に鼻血を止めたいですよね。

スポンサードリンク

このページの先頭へ