適応障害は甘えなの?周りの人の接し方は?

適応障害は実は世間では甘えと言われています。
実際私も理解の無い人から甘えと言われたことがあります。

スポンサードリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク

適応障害は本当に甘えなの?

残念ながら、うつ病や適応障害の
理解は世間ではまだまだ薄いです。

その為、

「お前の気合が足りないんだ」
「もっと頑張れ」
「甘えるな」

などと言う冷たい言葉を
かけてくる方が多くいます。

しかし、違います。

適応障害は甘えではありませんよ。

本人にとって辛い事実であり
それは現に体の症状に表れているんです。
無理をする必要はありません。

一般的に受けるストレス以上の
ストレスを受けているというのは
本当は、異常な事態です。

それを耐えろと言うのは
やはり日本の風潮でしょう。

他の国に比べ日本では
こういった病気になる人が圧倒的に多いのです。

適応障害の人にどう接すればいいの?

やはり、本人も困りますが
周りの人も接し方に困るのが精神疾患の特徴です。

打撲などの目に見える怪我なら
痛みが和らぐようにシップをはってあげたり
痛みが少ないようにしてあげようと思えるでしょう。

しかし、精神疾患の痛みは見えない痛みです。
その為シップを貼ることも出来ませんし、
実際にその痛みを体感するのも
本人の性格次第の病気なので難しいでしょう。

だからと言って打撲の時に
打撲の痛みを知る為にぶつけろ
っと言うわけではありませんよ(笑)

ということで、周りの人の接し方について
話して行こうと思います。

まず、うつ病でよく聞く方が多いと思いますが
「頑張れと言ってはいけない」
これは適応障害にも言えることです。

なぜかと言うと、
本人は精一杯真面目に頑張っているんです。

しかしその真面目に頑張りすぎたゆえに
適応障害になってしまった訳です。

適応障害の本人にとっては
頑張りというのはもうやっていることなのです。

これ以上頑張るということは出来ないし、
これ以上頑張れというのは本人が
さらに壊れてしまいます。

その為、適応障害の人に
「頑張って」と言うのはやめましょう。

じゃあなんと声をかければ良いのでしょうか?

それはこのような言葉です。
のんびりが一番!気兼ねなく接してね!

適応障害の人は、
早く病気を治さないとと焦ってしまいます。

ですが焦ったところで治るどころか
酷くなるのは目に見えています。

なので、まずは今まで必死に頑張ってきたので
今はのんびり治療に専念しようと言ってあげましょう。

そして、適応障害の人は頑張り、
かつ周りにあまり頼れない人が多いです。

その為、適応障害になっても頼ることをしないでしょう。
なので、本人が話を出来る相手になりましょう。

そうすることで、本人は
自分の理解者がいるんだと安心出来ます。

スポンサードリンク

まとめ

まだまだ、世の中の理解の少ない病気です

その為、心ない言葉でさらに病気の本人が
傷つくことがあるでしょう。

そこから守ってもらえるのは
適応障害について知っているあなたです。

どうか、少しだけでも
適応障害の方の支えになってあげてください。

スポンサードリンク

このページの先頭へ