心療内科の雰囲気って実際どうなの?安定剤は危ないの?

適応障害やうつ病と言った精神疾患
病院へ行くイメージが湧かない人の為に
実際に私が病院に行った体験談も交えて
病院について書いて行こうと思います。

スポンサードリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク

精神的な病院に行くのが不安・・

精神的な病院に行くというと
抵抗がある方がいるかもしれませんが、
適応障害で病院に行く場合は

精神科

ではなく、

心療内科

に行きます。

精神科では、外見に病気と言う感じが
表れている人が多いですが、

心療内科では実は、パッと見で
普通に生活していそうな人が多いです。
その為、あまり抵抗なく診察をすることが出来ます。

実際、私も心療内科に通院していますが、
初めて行ったときの心療内科の居心地の良さには驚きました。

思っているより病院は行きやすいです。
先生も親身になって話を聞いてくれます。

どうやって病院に行けばいいの?

心療内科も普通の病院同様です。
しかし、初診で予約出来ないと言う所が
結構ある可能性がありますし、
心療内科は意外と混んでいる可能性があります。

なので、来るべき時間帯や
初診の予約についてなども事前に
電話で聞いておくのがベストでしょう。

また学校の保健の先生が
紹介状を書いてくれる場合もあります。

私が適応障害で初めて病院に行ったときは
保健の先生と病院が繋がりがあり、
保健の先生が病院に私のことを伝えてくれていました。

もしも、学校に行っている方でしたら
試しに保健の先生に 相談するのも良いかもしれません。

精神安定剤って危ないんじゃないの?

心療内科では、薬が処方される事が多々あります。
しかもその薬は精神安定剤などが多いでしょう。

っと聞くと、精神安定剤にあまり良いイメージを
持っている人が少ないので
不安になる方が多いのではないでしょうか?

テレビで精神安定剤によって
気がおかしくなった人などのニュースが
多く放送されている為か、精神安定剤などと言った
心療内科の薬に抵抗がある方が
実際多くみられますね。

私も初めは不安がいっぱいでした。

私の祖父も精神安定剤によって
一時期おかしくなってしまったのです。
それを間近で見ていたからこその大きな不安でした。

しかし、実際病院で話を聞くと
全然イメージと違いました。

精神安定剤は、

用量用法を守れば安全

実際私も、病院の先生に言われた
用量用法で薬を使っていた所
悪くなるどころか、普通に良くなっていきました。

じゃあなぜ祖父がおかしくなったの?っと言うと、
祖父は精神の不安定具合から
薬を用法用量を守らず多く飲んでしまっていたのです。
その為、おかしな行動などをするようになってしまいました。

薬と言うのは、上手く付き合えば
自分の味方となってくれるものなのです。

しかし、精神安定剤系の薬には
眠気の副作用が起こるものが多いです。

その為学校の授業や仕事への支障などが
不安な方は是非病院の先生に相談してください。

スポンサードリンク

まとめ

心療内科って意外と行きやすい所と
思ってもらえたでしょうか?
また、病院の雰囲気も良い所が多いです。

不安になっている方が多いので、
病院の先生は優しかったり
院内が明るい雰囲気だったり
落ち着く音楽が流れたりしています。

自分は何かの病気かもしれないと不安な方は
是非勇気を振り絞って1度
心療内科に足を運んでみてください。

スポンサードリンク

このページの先頭へ