お風呂から出ると赤ちゃんにしもやけが!どうすれば良いの?

こんにちは!日々くんです( ‘∀’)

お風呂あがりに、赤ちゃんの
手足などを見てみたら赤いぷつぷつ・・
いわゆるしもやけが出来ていた!

スポンサードリンク

軟膏を塗りましょ

しもやけ専用の軟膏があるので
それをしもやけの部分に塗りましょう。

ですが、下手に市販の薬などを
使うのは危険です。

赤ちゃんはデリケートですので
1度病院に行って診察してもらって
出してもらった軟膏を塗りましょう。

そして、その軟膏を塗って
優しく赤ちゃんをマッサージしてあげましょう。

マッサージすることで、
しっかり軟膏も塗ることが出来ますし、
赤ちゃんの血行も良くなります。

マッサージの仕方はしっかりと
病院の先生に教えて貰ってください。

赤ちゃんの体はまだしっかりと
出来上がっていません。

手荒に扱うと怪我になりかねませんので
慎重にマッサージをしましょう。

周りの温度や赤ちゃんを温めましょう。

しもやけになってしまう原因は寒暖差です。

お風呂に入ってあったかいとなって
けどお風呂から上がると冷える。
それによってしもやけになる可能性があります。

その為、その寒暖差を減らすためにも
部屋を暖かくするか
赤ちゃんを布団などで温めてあげましょう。

しかし、寝る時にスト―ブを
消すご家庭が多いと思います。

その際にオススメなのは湯たんぽです。

ゆたんぽで事前に
布団の中を温めておきましょう。

そうすることでお風呂上りに
布団に入っても寒いと言うことがありませんし。

しっかりと布団をかけていれば
あまり熱も逃げません。

あ、もちろんやけどしては困るので、
お布団に入る際は湯たんぽを取るか
しっかり湯たんぽの熱で
火傷しないように
布のカバーなどをかけましょう。

他にも赤ちゃんが寝てる際に
手を布団から出している場合があります。

その為、手がしもやけに
なってしまうということも
実際にあるようです。

そういった場合は
きつすぎない緩めの手袋
赤ちゃんの手にはめてあげましょう。

そうすることで布団から
手が出てても温めることが出来ます。

あくまで緩めの手袋ですよ。
なぜかと言うと、きつい手袋ですと
血行があまりよくなくなり
逆に冷えてしまう可能性があるのです。

その為緩めの手袋と指定しています。

スポンサードリンク

まとめ

赤ちゃんの急なしもやけに
焦った親御さんもいるでしょう。

しもやけには焦らずに
ゆっくり丁寧な対処が大切です。

薬などを貰う為にも
気になったら病院へ向かいましょう。

しもやけは寒暖差以外からも実はくる!

⇒ しもやけは栄養不足から来るものなの?何の栄養を取ればいいの?

スポンサードリンク

このページの先頭へ