【必見】ノロウイルスはこの消毒方法で退治しろ!

こんにちは!日々くんです(`・д・´)

ノロウイルスって感染力が強い。
だからとにかくかかった人が
使った物とかを消毒しなくちゃ!
あれ、けど消毒って消毒スプレーを
かけるだけじゃだめなの?

スポンサードリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク

消毒する際のポイント

ノロウイルスを消毒する際に
意識して欲しいポイントがあります。

まず、ノロウイルスを消毒する際に
何で消毒すれば良いのか?
っという疑問が出ると思います。

ノロウイルスを消毒する際に効果があるもの2つは、

  • 次亜鉛素酸ナトリウム
  • 加熱

この二つがキーワードです。

この2つを利用して
ノロウイルスを消毒していきましょう。

次に、先ほど加熱っと言いましたが
具体的には何度が良いの?っと思うと思います。

人肌だとぬるそう・・
っと言うかむしろ菌が繁殖してしまいそう(笑)

けど100度は沸騰して怖いし・・

そんなノロウイルスを退治する為の
加熱した熱湯の温度ですが

85度以上

が目安となっています。

ちなみに時間は1分以上
これを意識して加熱消毒をしていきましょう。

また、手に関しては
アルコール消毒をするというよりは、
普通に手を洗うことが出来るので手を洗いましょう。

洗う際に石鹸は特別
こういったものというのはありません。

普通の石鹸と流水で
ノロウイルスを洗い流しましょう。

ノロウイルスには実はこれは利かなかった!

ウイルスを退治すると言えば
アルコールを使おうと思う方が
多いのではないでしょうか?

ええ、その気持ちはわかります。
だって病院とかに入る時って
菌を殺すためにアルコール消毒をしますよね。

で・す・が

実は、ノロウイルスには
アルコール消毒が利かないんです!!!

ひー恐ろしい(゜Д゜)ノロウイルスがまさか
ここまで強い菌だとは予想外っな方もいるでしょう。

ノロウイルスはとても強いです。
それ故に感染力も強いのです。
侮ってはいけません・・・。

嘔吐をした際の消毒液の作り方

先ほども言いましたように
この消毒液はアルコールではありません。

次亜鉛素酸ナトリウム溶液です。

ですがこの溶液をそのまま原液のままでは
使いませんよ(笑)

ちゃんと使い方があるんです。

消毒液の作り方

1.500mlのペットボトルに
ペットボトルのキャップ3杯分の
次亜鉛素酸ナトリウム溶液を入れます。

2.水道水で500mlに希釈します。

こうすることで消毒液が出来ます。

特別難しい作業ではないと思うので作ってみてください。

スポンサードリンク

まとめ

この記事を読むまでノロウイルスにアルコールを
吹っかけようとしていた方沢山いるのではないでしょうか?

ノロウイルスには残念ながらアルコールは利きません。
正しい消毒方法でノロウイルスを倒しましょう!

ノロウイルスに食事療法ってあるのか気になる方はこちら

⇒ 【必見】ノロウイルスを食事だけで治療することは可能なの?

スポンサードリンク

このページの先頭へ