寝起きに鼻水が出るのには原因があった!

こんにちは!日々くんです( ̄ω ̄)

朝起きて、爽やかな朝ー!・・
っと思っていたら

スポンサードリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク

原因1:アレルギー性鼻炎

アレルギー性鼻炎とは

抗原と抗体が鼻の粘膜で反応して、

くしゃみ、鼻みず、鼻づまりを起こすのが

アレルギー性鼻炎です。

引用:http://medical.yahoo.co.jp/katei/120213000/

このアレルギー性鼻炎が
起こる原因としては、
多くの方はハウスダスト(ダニなど)や
スギ花粉によるものです。

その為、朝起きあがる際に
布団をばふっとやってしまうと
埃(ハウスダスト)が舞うので
それによって鼻水が出てしまう
という方が多いのでしょうね。

そういう方は、普段掃除をする際なんかも
鼻水に悩まされているのではないでしょうか?

その場合はきっとアレルギー性鼻炎の
可能性が高いと思うので
お医者さんに行って薬などを処方してもらってください。

埃はどんだけ掃除しても
出てきてしまいますからね(笑)

特に布団なんかは、
しょっちゅう洗う物でもないので埃の固まりですからね。

ですが、だからといって
シーツなどを変える必要が無い
というわけではありませんよ?

少しでも症状を減らすために
こまめにシーツなども取り替えましょう。

原因2:寒暖差アレルギー

寒暖差アレルギーとは

大きな温度差の刺激が、

鼻の粘膜の血管を広げ、

粘膜がむくむことにより、

鼻づまりや鼻水などの症状が出るのが

寒暖差アレルギーです。

引用:http://gendai.ismedia.jp/articles/-/26421

 

気温の変化によって
アレルギー症状が起こるというのはご存知でしたか?
結構知らない人が多いと思います。

寒暖差アレルギーは
簡単に言うと温かい所から
寒い所に行くと起こります。(逆もしかり)

その為、寒い外から
温かい部屋に帰ってきたときでも
起こることがあるでしょう。

なので、これを寝起きの
シチュエーションに合わせると
寝ている時は顔は出ていますが
体がある程度暖かいので
顔の温度もそれなりでしょう。

ですが、特に冬場などは
布団の中の温度と部屋の温度が大きく変わります。

その為、一気に寒い所に出るので
寒暖差アレルギーの症状が出てしまうのでしょう。

この症状を融和させるには
やはり温度差を出来る限り減らしていくことです。

その為、布団の温度は変えれませんので
朝にストーブのタイマーをセットしておくなどして、
起きたときには温かい状況を作っておきましょう。

スポンサードリンク

まとめ

いかがだったでしょうか?

どちらの症状も、布団から出た時に限らず
起こる可能性がある症状です。

なので日頃から細かい症状に
目を向けていち早く気付くようにしましょう。

そして、気づいた際には
病院へ行くのをオススメします。

鼻水がずっと出ているのは不快ですもんね(´Д`)
(私も鼻水に悩まされています)

スポンサードリンク

このページの先頭へ