マーガリン危険説は本当なの?トランス脂肪酸はバターにも含まれる?

マーガリンは絶対に食べるな!
そういう話題がネットでも盛り上がっています。

スポンサードリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク

マーガリンが危険と呼ばれる理由

トランス脂肪酸が原因です。

トランス脂肪酸とは、
簡単に言うと保存料みたいなものですね。
加工食品などに含まれることが多いです。

この保存料が、人間の健康にとって
有害であるという実験データがあります。

トランス脂肪酸は、体の悪玉菌を増やし、
善玉菌を減らしてしまうため、
動脈硬化といった重度の病気へと
つながる可能性があります。

人体にとって悪影響でしかない成分なので
できる限り食べたくないですよね。

しかも、このトランス脂肪酸は
食べても胃液で溶けることなく
体内に蓄積されていくのです。

なので、もはや食物ではなく、
プラスチックや鉄といった物質的成分である、
とも言われたりもします。

その証拠に、

外にマーガリンを置いていても
腐ることやカビが生えることもありませんし、
ゴキブリやアリも一切近寄ってこないんです。

食物であれば腐ることは自然の摂理なので
食べ物であれば必ず短期間で腐敗します。

それに、食べ物であればゴキブリもアリも
食べ物だと認識して、近寄ってくるはずです。

そういった実験により、
トランス脂肪酸が含まれるマーガリンは
必要悪であり、絶対に人体に入れてはならない!

と、いう話が非常に有名です。

マーガリンとバターってどう違うの?

まず、マーガリンの成分を見てみましょう。

2014-11-27_150246

このように、植物から接種される油に
化学反応を起こし、加工されて作られています。

一方、バターはどうでしょうか。

2014-11-27_150527

バターは牛乳と食塩のみでできています。

食料品から自然に作られるものがバターなので
余計な添加物も入っておりません。

なので、バターを食べるということは
牛乳を飲んでいることと変わりないんです。

見た目はほとんど一緒ですが、
成分が全く違うため、マーガリンと違って
バターは体に害が無い調味料です。

実はマーガリンを食べても悪影響は無い?

マーガリンを絶対に食べてはいけない!
と、ネット上でも散々言われ続けておりますが、

実は、僕たち日本人にとって、
そこまで悪影響ではないんです。

マーガリンが体に悪影響を及ぼす。
それは、過剰摂取をした場合に限ります。

普段、僕たちがマーガリンを使うといえば、
食パンに塗ったり、菓子パンに使われていたり
フライパンにしいて油代わりに浸かったり、
その程度だと思います。

でも、その時に使うマーガリンの量なんて
たかが知れています。

実際に海外の人たちは
食パンと同じ厚さのマーガリンを塗って食べます。

2014-11-27_151001

どうですか?
いつもこんなにたくさん塗って食べますか?

2014-11-27_151018

塗ってもこれぐらい薄くないですか?

海外は大量にマーガリンを食べる習慣があるし
パン食が主流なので、マーガリンを使う頻度は
日本人と比べて非常に多いです。

海外ではマーガリンが1kgとかで
売られてるぐらいですから、
それだけ頻繁にマーガリンを
使っているということですね。

それと比べると、
日本人はパン食ではなくご飯食ですし
そこまでマーガリンをバカみたいに塗ることもありません。

なので、実際にマーガリンを食べたとしても
そこまで大きな悪影響を
感じることはほとんどありません。

なので、過剰摂取をしなければ
安心してマーガリンを食べて頂いて問題ないんです。

さらに、マーガリンを製造しているメーカーも
トランス脂肪酸をいかに抑えることができるか、
そういた研究も進んでいます。

なので、年々トランス脂肪酸の摂取量は
平均して減少傾向にあるんです。

なので、そこまで過剰に反応をして
敏感になって意識しなくてもいいのかも。

スポンサードリンク

まとめ

結局個人の自由ですが、
バターもマーガリンもほどほどに
食べていくのが良いんじゃないかな。

でも、バターは高いから
結局マーガリンを買っちゃうんですけどね。笑

でも、そこまで害が無いとわかって安心しました。

スポンサードリンク

このページの先頭へ