寒暖差アレルギーでくしゃみと鼻水が止まらない!鼻づまりも辛い

この時期、寒暖差アレルギー辛いですよね…

透明の鼻水はどんどん湧き出てくるし
鼻を吸っても鼻が詰まってるし
鼻水を吸い込むこともできないし
鼻づまりで息苦しいし
うっとうしいぐらいくしゃみが止まらなくなったり

スポンサードリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク

寒暖差がつらい

花粉症とか鼻炎を患っているのであればわかりますが
そういった病気に心当たりない人でも
この寒暖差アレルギーは発動します。

寒暖差があれば誰でもこういった症状は
おきてるんじゃないですかね。

私も寒暖差アレルギーに悩まされて本当に辛いです。

毎朝外にでたらくしゃみが止まらなくなり、
鼻水も湧き出るようにじゃぼじゃぼでてきます。

電車に乗れば鼻水は加速しだします。
しかも、そういう時に限ってティッシュを忘れる!

はずかしい…
鼻水が垂れる…

途中の駅で降りて、トイレに駆け込み
トイレットペーパーで鼻をかむ始末。

しかもトイレットペーパーの紙が固いから
鼻も痛いし鼻もまっかっかになる。

寒暖差アレルギーは辛い!

なぜ寒暖差アレルギーが起こるの?

名前の通り、激しい気温差によるものです。

暖かい部屋から寒い外に移動したとき
寒い外から暖かい電車に移動したとき
コンビニや店内、室内に入るときも同じです

急激な気温差に体がびっくりして
アレルギー反応を起こすのだそうです。

激しい気温差により、鼻の粘膜の血管が広がり
粘膜がむくんで、鼻づまりや鼻水になるんだそうです。

そのときにむずむずが起きるので、
くしゃみも止まらなくなる、というメカニズムですね。

特に女性が危険?

なるべく気温の変化に耐えられるように
体温を一定に保てるような工夫をしていくのですが、
女性は男性よりも筋肉量が少ないため、殻が冷えてしまいがちです。

女性に冷え性が多いのも、
筋肉が少ないからですね。

なので、寒いときはなるべき体を冷やさないように

  • ネックウォーマー
  • マフラー
  • ヒートテック
  • タイツ
  • 分厚い靴下
  • ホットパンツ

体を温める工夫を常日頃から実施していくべきです。

露出を増やすなんて論外ですよ!

寒暖差アレルギーの症状を和らげる方法

私も寒暖差アレルギーですごく困ってます。
お店に入るたびに鼻水が噴出してきます。

頑張って啜って対処しようにも
鼻も詰まってるから鼻水は出る一方

鼻はいつも大洪水です。

でも、あることを意識したら
以前と比べてかなりましになりました。

  1. 温かい飲み物を飲む
  2. ダウンジャケットにマフラー
  3. 分厚い靴下をはく
  4. 温かいインナーを着る
  5. 室内は軽装で。外は防寒で。

これはおすすめです。ぜひやってみてください^^

スポンサードリンク

まとめ

寒暖差アレルギーって薬を飲んで治すモノではありません。
薬を飲むことで一時的に鼻水を抑えたりできますが、
治すために飲むのではないので、おすすめできません。

日頃の習慣や対策を考えて
行動していくことで寒暖差アレルギーは解消できますよ。

スポンサードリンク

このページの先頭へ