卵アレルギーの人はインフルエンザの予防接種をしてはいけない?

こんにちは!日々君です(^o^)

卵アレルギーを持っていると
インフルエンザの予防接種を
受けることが出来ないと聞いたけどほんと?

スポンサードリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク

インフルエンザの予防接種と卵アレルギーの関係

注射ってインフルエンザウイルスを
注入してるだけじゃないの?

そんなイメージがある方が
もしかするといるかもしれません。

ですが、そんな注射にはインフルエンザウイルスが
入っているだけではないんですよ。

実は、インフルエンザワクチンを作る際
鶏卵も少し使われているのです。

ええ(゜Д゜)

っとなるかもしれません。そうなんです。
インフルエンザのワクチンには
鶏卵の成分も必要なのです。

ですが、微量ですよ。

卵アレルギーの人はワクチンを打てないの?

いえ、完全にそうと決まったわけではありません。
卵によるアナフィラキシーショック
強く出る人はやらない方が良いでしょう。

ですが、弱い人ですと
やっても良い場合というのもあります。

なので、一概に卵アレルギーだからといって
ワクチンを打てないんだ・・と
落胆することはありませんよ。

ですが、勝手な判断では出来ないので
ワクチンを打つ際にお医者さんに
ご相談されるのが一番良いと思います。

お医者さんではどんなチェックがされるの?

お医者さんはやはり
卵アレルギーの話を聞くだけでは
その人のアレルギー反応の度合いを
判断することはさすがにできません。

その為簡単な検査をします。
ですが検査だからと言って恐れる必要はありません。

アレルギーの検査でそんな怖い物は
お医者さんはしません(笑)

お医者さんは、卵アレルギーの反応を見るのに
皮内テストというものを実施します。

このテストというのは
実際に打つワクチンの1/100量を打ち、
皮膚にどのような反応が出るかというのを
見て実験するというものです。

そして、卵アレルギーの方は
基本的に腫れてしまうのですが
腫れる度合いというものがあって

15mm以上、赤い部分が40mm以上

になった場合は注射が出来ない可能性が十分にあります。

本当に卵アレルギーが強い方は
もしかするとこれだけでも
具合悪くなってしまう少しは可能性があるでしょう。

ですが、病院ではそれをも想定した
うえで検査をしてくれると思うので
安心して受けてみましょう。

スポンサードリンク

まとめ

卵アレルギーだからといって
予防接種を最初から諦める
必要がないということがわかってもらえたでしょうか?

やはりインフルエンザになるのは
辛いですからね

インフルエンザの時の筋肉痛の原因が気になる方はこちら

⇒ 【知らなかった】インフルエンザの筋肉痛が原因はこれだった!

スポンサードリンク

このページの先頭へ