実は、部屋を真っ暗にしても熟睡出来ないんです!

こんにちは!日々くんです。

最近熟睡出来ない日々が続いていて、
とりあえずアイマスクを使ってみたり
部屋の電気を消してみたり
布団をかぶってみたりと
とにかく周りの光を遮断していました(^o^)

スポンサードリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク

熟睡するには光が必要だった!

眠るときというのは、
脳の働きが安静になるのが大切です。

そして、この脳の働きを安静にする為に
視界に光が入らない方が良いという
発想になる方は多いでしょう。

ですが、実はこの発想は逆だったんです!
脳の働きが安静になるためには
穏やかな明かりが必要だったのです!

真っ暗にするといかにも
熟睡出来そうな環境な気がしますが、
むしろ真っ暗にすると脳は暴れ出します。
そして浅い睡眠になってしまうんです(゜Д゜)

どうして穏やかな光が必要なの?

これは、人間の祖先が昔、
外敵から身を守る為に夜は
火を炊いていたからです。

その名残で人間は
穏やかな光の中の方が
安心して熟睡できるのです。

光と言ってもあくまで
穏やかな光ですからね!

思いっきり電気をつけて寝るのは
さすがにそれは睡眠の妨げです。

間接照明で、出来れば
オレンジ色などの優しい色合いの
電気を付けて寝るのがよいでしょう。

さらに睡眠の質を上げるには?

さらに睡眠の質を上げるには
光以外の工夫が必要です。

例えば、寝る直前の飲食を控える。
寝る直前に飲食をしてしまうと、
胃を動かすことになり、
結果として脳が胃に指令を送る事になるので
脳が活性化されてしまいます。

なので寝る直前の飲食は控えましょう。

また、お風呂でぬるま湯に
ゆっくりとつかりましょう。

ぬるま湯にゆっくりとつかることで
脳がリラックスしてくれます。

その為、睡眠時に脳が
リラックス状態で居ることが出来ます。

他には、ヒーリングミュージックを
聞きながら寝るというのも良いでしょう。

ヒーリングミュージックは
脳をリラックスさせてくれます。

その為、寝る前に脳が興奮状態に
なってしまってなかなか寝付けない場合なども
ヒーリングミュージックなどを聞くと良いでしょう。

気持ちが落ち着いてきますよ。

スポンサードリンク

まとめ

私も、睡眠と言えば
真っ暗にするというイメージでした。

しかし、確かに寝ることは出来ますが
いまいち疲れが取れていませんでした。

その原因がまさか真っ暗にすることだったとは。

意外な所に問題は隠れているものですね!

スポンサードリンク

このページの先頭へ