【危険】アセトアミノフェンはインフルエンザ脳症に悪い!

こんにちは!日々くんです(^o^)

まず、皆さんはアセトアミノフェンと
インフルエンザ脳症というものを
詳しく知ってますでしょうか?

スポンサードリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク

アセトアミノフェンって何?

アセトアミノフェンというのは、薬の名前です。
効能としては、解熱作用と鎮痛作用があります。

この薬は市販で売っているので
風邪をひいた時に飲んだことがある方も
いるかもしれませんね。

この薬は小児用の解熱鎮痛薬に
用いられることがよくあります。
なぜかというと、ライ症候群の副作用もないためです。

インフルエンザ脳症とは

インフルエンザ脳症とは、インフルエンザにかかった時に
神経細胞など脳に障害をもたらすというものです。

原因はインフルエンザウイルスです。
ですが、だからといって脳の中で
インフルエンザウイルスが増える
と言うわけではありません。

ですが、そのままでも良いというわけでもありません。

インフルエンザ脳症になると
感染によって産生されたサイトカインなどで
脳障害などを引き起こします。

インフルエンザ脳症とアセトアミノフェン

っとここまで、2つの説明をさせてもらいましたが。

インフルエンザで脳症に
掛かっている時にアセトアミノフェンを使用すると

インフルエンザ脳症が
悪化してしまう可能性があるのです。

その為、インフルエンザ脳翔にかかった際には、
出来る限り、いや可能性は低いとは言えども
0ではないので絶対に使わないでください。

じゃあどうすればいいの?

っとなると思います。
そりゃインフルエンザですから
熱を下げなければならないですよね。

ということでこればっかりは病院に行って
しっかりと治してください。

もちろん脳症も怖いですが
インフエンザ自体が恐ろしいです。

あまりの高熱に毎年死者も出ているくらいです。
極限まで苦しくなる前に病院に行くのをオススメします。

スポンサードリンク

まとめ

インフルエンザというのはとても怖い物です。
普段かかる病気とは全く違う物と考えた方が良いでしょう。

そうすることで身の安全を守ることが出来ます。

くれぐれも、市販の薬で
インフルエンザを治そうとするのは辞めて欲しいです。

すぐに病院に行くようにしてください。

インフルエンザは実は熱が出る前から感染するんです!

インフルエンザの威力を知りたい方はこちら

スポンサードリンク

このページの先頭へ